FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-01-09

風俗シリーズ「待っていた娘」

「待ってたんだよ……いつ来てくれるか……
くっさい


「ボク、あなたが来るのを待ってた。いつ来てもいいようにトレーニングで汗かいて
 凄い匂いにしといたんだよ。
 脇を嗅ぎたい? 口から出したこのマウスピース? それともあそこに入れておいたマウスピース?
 あそこを嗅ぎたいならむしゃぶりつくように嗅いで舐めて!。
 ボクは君をずっと待っていたんだから……」

彼女はムンムンとしたフェロモンの混じった蒸気を発しながら膣口からマウスピースを
ブリュリと排出した。


コピックペン入れver

コピック
スポンサーサイト
[PR]

comment

管理者にだけメッセージを送る

当然!両方むしゃぶりつきたくなるです~ 匂いにまみれていいですね♪ こんなお店があるなら小生はヘッドギア持参で来店します(笑)

>座丸様

匂いも表現したほうがよかったかな? と思います。


> 当然!両方むしゃぶりつきたくなるです~ 匂いにまみれていいですね♪ こんなお店があるなら小生はヘッドギア持参で来店します(笑)
最近のコメント
最近の記事
プロフィール
ボクシングエロフェチ小説 mail:qxnkg126@ybb.ne.jp

ですいちみ

Author:ですいちみ
元「MP党」
女子ボクから始まる変態フェチ。小説等は左下にカテゴリーに分けてあります。見てね。
ここにある画像は全て転載禁止なのでお願いします

Twitter...A

DeathichimiDeat < > Reload

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。