FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-12-21

《やんわりと、激しく》第一話

「うおらっ!」

バシッ!

「くっ!」

私は沼寺 愛澄(ぬまでら ありす)。通称アリス。

18歳の現役女子高生。



ビシッ!

「ぬおっ!危なっ!」

この容赦なくパンチを繰り出してくるのは

私の姉の琴音(ことね)。

そもそも、やんわりとボクシングジムでスパーをしていたワケだが

ある日を境に、ガチボクシングを姉がするようになって来た。

何ゆえです?おネェ。

「そんなんじゃ私に勝てないよ!」

勝つ気なんてないというか、勝てないというか、そもそもダイエットで軽くやってたじゃないですか!

バシッ!

「がっ!」
image001.jpg


(強烈なフックを貰ってしまった)

ここまでガチでボクシングされると、唾液が飛ぼうが血が飛ぼうが気にはならない。

というより、マウスピースも飛んでいる。

漫画の見すぎ?いいや!マウスピースは本当に飛びます!

「糞ッ!やり返してやる!」とも思いませ~ん。

三分経った!でもゴングは鳴らない。

姉は容赦なく殴りつけてくる。

「ゴング鳴らして~」私が金切り声を出すと、ようやくゴングが鳴った。



「フゥー」

姉の体からはt大量の汗をかいたせいか、蒸気が立ち昇っている。

私も負けじとストーブの前に立つ。

「はっはっはっはー!」

私の後ろからストーブがプシューと蒸気があげる。

「娯楽番組の登場場面のスモーク!」

姉の軽蔑の目。

この一発芸、おネェのお気に入りでしたよね?でしたよね?

それが・・・

 あー!

琴音の外したグローブがアリスの顔面に当たる。

「がぺっ!」

「次は私に勝ちなさいよ!」

私が姉の睨みに動けなくなると

「次ね、次」

姉は捨て台詞を残すと更衣室に入って行った。



とにかく、姉は変わってしまった。

20歳の誕生日を過ぎたとたんに。

これは姉の話。どれだけ翻弄されたか。



* *************************

事の発端はこうだ。

「ただいまー」姉の声だ。

「お姉ちゃんおかえりー」アリスも何となく返事をする。

アリスは夜の特番を見ながらお菓子を食べていた。

「ぬおっ!」まず父(総一郎)の驚きの声がした。

「まあっ!」そして母(斜里)の驚きの声。

アリスはそんな事よりも大自然のアリゾナ砂漠のスケールに感動していた。

「悪い?」琴音の開き直るような声。

「あーもう、うっさいなぁ」アリスは振り返って驚いた。

姉に見事なタトゥーが・・・。

左肩からわき腹、腕にかけて入っている。

「あー、洗ったら落ちるヤツ、うんうん」

アリスはアリゾナ砂漠へ意識を戻した。

ドンドンと足音を大きくたてて姉が寄ってくる。

アリスの顔が琴音の両手のひらに挟まれて無理やりタトゥーを見せられる。

「ほら、まだ血ぃ出てるでしょ、ホンモノだって」

嬉しそうに琴音は笑顔を見せる。

「ホンモノデシュカ」両頬を押さえられたままアリスは言った。

「どう?この頼りがいのある姉の風貌」

「コワイデシュ」

「ん~」琴音は唸ると、今度はアリスの両頬を掴んだ。

「いでいででいでっ!」

「痛いか、タトゥーはもーっと痛いぞ!」

「あっそうだお父さん」

ふいに琴音が総一郎の方を向いた。

「か・・・金か?」

「何いってんの、風呂わいてるよね、お父さん湯上りの格好だから」

「あ・・・うん」

「じゃあタトゥー彫りたてだから湯上げ(風呂でタトゥーを彫った後に出る組織を洗い流す)してくるね」

琴音はアリスの頬を引っ張るだけ引っ張って、バチン!と離した。

「いでっ!」

「いい?アリス。今度からのボクシングはガチでやるからね、。私に勝ちなよ?」

「はぁ?」

「勝てって言ってるの!」

反抗期ですか?とも言えずにアリスはアリゾナ砂漠へ意識を逃避した。
スポンサーサイト
[PR]

comment

管理者にだけメッセージを送る

最近のコメント
最近の記事
プロフィール
ボクシングエロフェチ小説 mail:qxnkg126@ybb.ne.jp

ですいちみ

Author:ですいちみ
元「MP党」
女子ボクから始まる変態フェチ。小説等は左下にカテゴリーに分けてあります。見てね。
ここにある画像は全て転載禁止なのでお願いします

Twitter...A

DeathichimiDeat < > Reload

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。