FC2ブログ
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-06-07

ライトさんより寄稿して頂きました!。



Ads by Yahoo! JAPAN

777TOWN.net/公式
『パチスロ攻殻機動隊』最新作配信中メーカー公認300機種以上が打ち放題
www.777town.net

<健人地下ボクシングデビュを行った!>



この前比屋定湊さんとのシハプソ?めに敗北したママを看護しながら、その日のママが私に言った言葉を思い出してみた。



'地下ボクサ?を目指して精進しということか'



ママの試合にセカンドとして?加してまたはママとの?しいスパ?リングを通じて地下ボクシングのル?ルや初?的なボクシング技術は知っている。 しかしどうしても本番で入るには少し怖い。 でも最近、筋力運動などで鍛えていて何よりのママが望むことだから決心することにした。



?日後、他の地?の地下ボクシング競技場。



ママの推薦?を得てややこしい手?きは省略して無事に地下ボクサ?として登?を終えた。 デビュ?前の日付は日後だった。 家に?るとき?係者から相手のプロフィ?ル??と試合の映像が盛り?まれたDVDを受けてきた。



本名は?、リングネ?ムはdaisy.の?績は14?10勝4敗。の引き分けは存在しない地下ボクシングの特性上、相?な勝率だった。 恐ろしい勝率とは別に、リングネ?ムが可愛いと感じた。 まさに名前のようにいい香りが私はリングネ?ムだった。



名前だけでなく、??の中の彼女の容姿も美しかった。

息が詰まるほどの美しさという?がするほどだった。 オレンジ色の二つに分けて編んだヘアスタイルに赤いグロ?ブピンク?トランクスと白いリングシュ?ズ。そしてママよりは小さいが、それでもお椀をひっくり返したような見やすい胸は私を興奮させる十分だった。 ?際にリングで向き合えば、どんな感じだろう。

早くから股間が熱くなる。



その日の夕方私はママとデビュ??相手のDVDを一?に見ながら、それなりに?略を立てた。

視?した感想はやはり"?い"だった。



デビュ?前であり、また別に勝敗にこれといったペナルティはない試合と?な?持ちでリングに上がりと激?するママ。



ついに試合?日、私は選手待機室でグロ?ブをはめて準備を終えたまま待っていた。 時折リョオは競技場での??がさらに緊張させた。 緊張をほぐすため家から持ってきたdaisyのプロフィ?ル??。仕方なく私は試合前に一??きにしてトランクを下してペニスを?索開始した。

もちろん、?日間、自衛行?をしていない?態なのですぐに精子が溢れ出た。

"も?、ううっ"



しかし一??き取るやいなや、スピ?カ?で次の試合に向けて選手を呼ぶ、案?放送が流れた。

後始末をする余裕もなく、そのままリングに向かった。



トランクに染まった?態だったが、なすすべがなかった。



長い廊下を?いて出てドアを出たら大きな??とともにスポットライトが映し出されるリングが目に入った。

緊張が最高潮に?載された瞬間。 ママは今まで、このような緊張感の中でボクシングをやってきたのか。



?たり前にも私は?色コ?ナ?だった。 反?側の赤コ?ナ?にはdaisyがいた。 プロフィ?ル??とDVDの中の服?とそのままだった。



"?選手の前に!"





'いい、いくら?くても、今まで練習してきた成果を見せてみよ!'





カ?ン!





1ラウンド開始の鐘が鳴った。 そして私たちは?く??兼グロ?ブを?たるもので、本格的な試合に臨んだ。



予想通り落ち着いてジョブを投げ、私の反?を見るように牽制してくるdaisy.のパンチを放ったたびに二つにお下げの?が?れた。



私もあれほど牽制は?く防御しつつ、引き下がらなかった。



お互いに隙間を探すために、そして有利なポジションとリ?チを占めるための?いに入った。 この時、先に攻?に?り出したのは、daisyだった。



右のフック



私は?く左グロ?ブに跳ね返って出してカウンタ?の右ストゥレ二日伸びた。 きちんと入った感じだった。



ジュシャ!



"クウッ!"



'ママ見てる?私がファ?ストブロ?を成し遂げたと!'



しかし、その喜びは長く?かなかった。



グシャアツ!



諦めず、また私の右のほおに彼女の左フックが入った。



"ブ?に!"



相?な量の唾液が口元からぱらっとかかった。



ボ?ルがひりつくほど莫大なパンチ力だった。

瞬間足に力が解除されるくらい…



"健人。距離を?げて!!"



セカンドのママが叫んだ。



そんなにパンチを取り受けた私たちは距離を?げて再び牽制に入った。





"あら、お前少ししますね。"



再びジャブを打ち、彼女が話しかけてきた。



今度はさっきより少し早く、?く入ったので完全に阻止し、基地はできずガ?ドが少し崩れた。

その時もう一度近付いてくるdaisy.かわいいルックスとは全く違うようにかなり接近?を好む性格のようだった。



"?算ないよ!"



私はフットワ?クを通じ、攻?を最大限に避け、死角を訪れた。 そして再び攻?に成功した。



グシャア!



少し長い左フックがきちんと?まった。 あごが?るほどのクリ?ンヒット。同時に汗が水しぶきのように舞ったし.....女も私のように唾液をいっぱい吐き出した。

相?な量が私の顔に撒かれてかなりのにおいに瞬間的に勃起してしまった。



'入った! しかし途方もないにおい......'



"健人ボディ?を?をつけて!"



急にママの切羽詰った叫びが入ってきた。 そして



ドゥボオオ!!



"ぐえっ!"



瞬間、??がうまく運ばないような痛みが押し寄せ、?が上がった。 全身がぶるぶる震えてきた。 ぼやけた視野の最後には船の?ん中にある赤いグロ?ブ。



'ガ?ド???ガ?ドをしなければ...'



しかし。



ドゥボオオチュ!!



"ウエエエク!"

もう一度船を?るがすボディ?ブロ?に私はこれ以上我慢できなくてガ?ドを下げ、?を傾けた。



"健人ガ?ドを解除すれば!ダメダメ!"



グワッシャアア!!



棒で頭を打たれたような衝?。きっと彼女の特技とした左フックそして



クシャアアツ!



"ブエに!"



醜い?が私の口から上がり、あごが大きくなった。 見事な右ストレ?トだった。



'めまぐるしい。'



ボディ?と顔面の連打によって今にも倒れそうな?況。でも私はママが見守っているということと、デビュ??で醜い姿を見せたくないという一念で倒れなかった。 しかし、振り返ってみるとその時倒れたほうがよかったところだった。



ジュシャアツ!



私の視線が急に天井に向けた。 そしてその時から?にしていなかった司?者のアナウンスが耳に入った。



(司?者)"daisy選手、膨大なアッパ?カット!'



司?者の言葉そのまま無防備?態で顎を?られた私。 ?が?れたか足が自分の思い通りに動かなかった。



"健人?をつけてね!!"



緊急に叫ぶママの?を聞かないまま



私の顔面に赤い銃?が飛んできた。



彼とシャアアアツ!!



瞬間、時間が止まったような錯?がするほど、競技場が?かになった。 daisyの?烈な右ストレ?トが私の?を丸で後に飛ばしてしまった。

そして?がついたら私はロ?プを背負ったままダウンされていた。



"ダウン!!"



レフェリ?のカウントが始まった。



"あっ!なの......"



瞬間的に緊張が解けたのか、足腰がじっとりと濡れていた。 試合前に??持ち出したことにも莫大な量だった。 夢精する際のそのじめじめした不快感が押し寄せた。



"健人起きて!"



ママの叫びに近い姿に、私はカウント6にやっと立ち上がった。



レフリ?にファイティングポ?ズを取って見せると、すぐに1ラウンドが終了された。





私は重い足取りでコ?ナ?に?った。



ママは水に濡らしたタオルで一生懸命に自分の?を拭いた。

"健人、マウスピ?ス"



私は口の中に柔らかな白いゴムを吐き出した。

?られながら唾液を吐いたため、水分が乾いて莫大なにおいがした。 それを拾い上げ、バケツにシッオネは、ママ。



"どう?デビュ?前の感じは?"



私は返事をできなかった。 莫大な重?感に緊張感、そしてこの痛み...この日ママとのスパ?リングをしながら迎えた時よりレベルが違った。 その時はいたずらに勃起した私のペニスをフッオジュコ精子も思いっきりまくことができたが、ここは地下ボクシングのリング。試合で負けたら結末は家でのように甘いものがないことが間違いない。



ママは私の腕と足をマッサ?ジしながらすぐに?のトランクの中の異?に?づいてちょっと?いて出して?態を確認した。

精子がいっぱい纏わりつかた?態でペニスはにょろにょろ勃起していた。



?くため息をついてママはティッシュで精子にめちゃくちゃになったトランクの中をきれいにしてくれた。



"緊張をほぐしてケント、恐れていなくてもいいよ。"





"セカンド?アウト!"



カ?ン!





2ラウンドが始まった。



同時に私たちはコ?ナ?を出て、中央に向かった。 一般的なボクシングと違って5分も?えられた休憩時間、まだ?はひりひりしてお腹も疼いたが、我慢できた。



一方、daisyは私からダウンを奪ったという事?に自信??な表情だった。



"今回は完全にkoしてジュルテから"



そんなきれいな顔で挑?をしたらなんとなく憎く感じられなかった。

これもまさか作?か...



"エイッ!"



開始から先制攻?を試みた私。 しかし、頭をのけぞらせて?く避けるdaisy.その時は知らなかった。 ボディ?のダメ?ジが身?に及ぼす影響は?純なものがなかったということを。



ぽすっ!



(司?者)"わあ,daisy選手。 ケント選手の攻?を避けてカウンタ?の左ボディ?ブロ?!!"



言葉そのまま私のわき腹に?かに刺さった赤いグロ?ブ。ボディ?の衝?で瞬間の動きが鈍くなったその時。



ばしっ!!



"うに!"



再び汗や唾液が飛び交った。



"健人あごを引いて!今は退いて!!"



ママの切羽詰った?、しかし、なんとなく悔しさに私は無理に反?を試みた。



(司?者)"ああ、無謀な攻?です。 ケント選手!"



私が伸びた渾身の右ストレ?ト、しかし、冷?に頭を下げて避けるdaisy.危機だった。 それに?づいたり前に私のあごを再び左に曲がった。



パあんっ!!



(司?者)"また顔面に一?!!"

(daisy)"行く、ケント!!"



?がジツイギョジはような痛みに再び?が上がった。 ?に?れてぼうっとなった視野の間に赤い銃?が飛んできた。



ジュドゥ!ジュドゥ!ジュドゥ!



ジャブの連打。



私は抵抗する考えもなくそのまま顔を?られた。 そして、また無謀にパンチを伸ばせばちくりとボディにストレ?トが?入された。



顔面と腹部の苦しみの中に私は次第に意識が遠のいていった。



ばしっ!!



再び左フックが私のあごを振り、もう完全にガ?ドが下がった私



グロッキ??態だった。



(daisy)"終わりだ健人!!"



グシャア!!



(司?者)"ああ、daisy選手の?烈なアッパ?カット!果たしてケント選手、持ちこたえることができるのか!!"





"プエ!!"



また、また後ろに退いている私。 しかし、まだ倒れなかった。

意味のない抵抗だったが、それでもこのまま倒れて?がしなかった。



(daisy)'へえ......この子大?な精神力だ。 しかし。。。'



彼女は腹の中で驚いていた。 この程度でやられたことにも?志がくじけないで立っているなんて。 それでもここは地下ボクシングのリング。の勝者と敗者は分かれなければならない。 引き分けは許されない。



ジュドゥ!ジュドゥ!



"ぐえっ!うぐっ!"



顔面に速射砲のようにジャブの連打が入って、私はそのまま?られた。



"健人!ダメ!退け!!"



しかし、退いても退くことがなかった。 いつの間にロ?プを背にして退路が塞がりた?況。



(デイジ?)"これで本?に終わりだ健人!"



グワッシャアツ!!



無防備の顔面を貫く右ストレ?トがきちんと?まった。



そして私はがっくりパンチの衝?で後に退いてロ?プにはずれてこれから落ちた。



'ムニュ?.....'



火に火傷のような痛みが終わって急に柔らかい感?を感じると、私は精神が?ってきた。



(daisy)'クリンチか.....いや、すでに勝負は終わって長いであり、これが最善だろう'



?やかな女のサルネムセに遠くなった。 daisyの柔らかな胸に抱かれて荒い息をした。 地獄のような苦痛の中で訪れた安息だるかしら,私は再びちんぽがむらむら勃起するのを感じた。 その時だった。





(daisy)"ハハ......そんなに?られておいてチンポコを立てるの? 少し恥ずかしいことを;;私の腹筋に丈夫にあなたのチンポコが?いていて"



'?!!'



私は急に顔がかっかとなった。 ?に恥ずかしい?持ちが押し寄せた。 なぜかな今まで地下ボクシングや風俗店でお姉さんたちに、チンポコを?れて精子を排出したが、なぜ私より、たった二?年上の姉にこのように恥ずかしさが感じるのだろうか。



その疑問がなくなる前に耳元に彼女の?が聞こえてきた。



(daisy)"おつかれさん、この程度なら、デビュ??で十分だ。 自分を相手によくしてもらったよ。心配しなくても良いから、もう?に眠りに落ちるようにして"



急にくるりとして、反?側で私を突きはねるようなdaisy.

そして?を十分下げたまま右手を持ち上げた。



グシャアツ!......



精神が朦朧として、風化する視野の前で顔に優しい微笑を浮かべたままでアッパ?カットを打つdaisyが見えた。

そしてピンク色の照明が降り注ぐ天井の上に二本の噴水が舞い上がった。

一つは私マウスピ?スと唾液、もう一つは限界が訪れた私のペニスから噴水のように精液が放たた。



雲の中を泳ぐような?分だった。 これがkoなのか......

しばらく空中へ飛び上がった私の?は再びリングに落ちた。



"ダウン!"



レフェリ?はカウントを開始した。



"1......2......"



大の形に倒れたまま息を切らした。 そして



"あっ!ウウウク!ああっ!"



ビュルル!ビュルッ!ドピュッ!



事情の余韻が冷めて、またも相次いで射精した。



daisyはそんな姿をニュ?トラルコ?ナ?で見守った。

これまで?多くの相手とリングで?ってきたが、自分にこのように?志を燃やす少年は初めてだった。 なんとなく切ない?持ちになる彼女だった。



"7......8......"



"健人。"



ママはこれ以上私が起きなかったことを知ってか?かに頭を下げた。



".....10.KO!!daisy選手のko勝利です!"



私は?衆の?呼を聞きながらそのまま眠りがかかるように失神した。





※健人のデビュ??2ラウンド2分41秒koの敗北





そんなに私のデビュ??は終わった。





(司?者)"それでは、敗北したケント選手に?するペナルティ?タイムをはじめますよ!"



ママは悔しい?持ちで唇を?みしめた。



勝者として名指しされたdaisyは、マイクを握ってリング中央に向かった。



もう彼女の言葉によって、私の運命が決定される。 まだ私はリングの片隅で?絶したままでいて何があったのかは後に知っていたが、。



(daisy)"みんな出てください。 勝者が絶?的な?限を同じ地下ボクシングの選手として言えます。 今日の敗者に?するペナルティ?はあそこにいる渚さん(ママ)が?人になって行われることです。"



?客たちは動?しながら?人はよい見物を逃して怒って見せた。 しかし結局案?員に指示に?って、全て退場した。



しばらくして



?絶している私、のそばで私を看病していたママ。 そしてdaisyこのように三人だけががらんとした競技場の中に?っていた。



(ママ)"ほら。 ケントにひどい仕打ちをしたら私が?ってはおかない!"

脅威するママにdaisyは丁寧に答えた。



(daisy)"息子さんと?人の間に見えますね? しかし、ここ、地下ボクシングのリングに正式に?うことになった以上、今は一人のボクサ?として成長させる時がきたと思います。 だから"



daisyは私を自分の膝枕で?かせた。



(daisy)"これからケントを犯すつもりです。 ゆっくり?えてくれなければなりませんね。 たとえわずか二?の差しか出ないが、私が?然としてこちらでは先輩ですから。 ?悟はしていたが、どうなさるんですか?"



(ママ)"......(このやつ。普通じゃない)最後まで見守るようにします。もちろん、?客席でね。"



(daisy)"ありがとうございます。 渚さん。それでは、ケントが?めたら始めます"



約30分後



"はっ!ううっ、頭が痛いよ…"



目?めた私は押し寄せる頭痛と腹部の痛みに顔をしかめた。





(daisy)"ハハ......起きたの"



"ウワッ!"





何か柔らかいものを頭に切っていたら彼女の膝のだった。



まだグロ?ブもはめているし...... もう話に聞いていたペナルティ?タイムが始まるのか。 しかし、?客たちはない。 さらに、ママもどこかへ消え去った。



(daisy)"うん?ああ、大丈夫ケントグン。 みんなが?って久しい。 今からはもっぱら君とわたし二人だけの時間だよ"



私は少し恐ろしい?持ちに聞いてみた。



"もし、もう私を犯しおつもりですか。"



(daisy)"あら、?たり前じゃないの? 敗者は勝者の要求に服?する。 これが地下ボクシングの基本的なル?ルだよ。 そういえば渚さんがいた地球の地下ボクシングとル?ルが少し違うができます。 とにかく"



腕と足がまだまともに動かない私に彼女は襲うように私の上に身を重ねてきた。



"邑!"



柔らかくて暖かな乳房が私の顔を覆っており、甘い香りに?が遠くなった。



(daisy)"フフ...私の胸がそんなに好きなの? そういえば私と年の差があまり出ないようですが。 こちらは後退する考えがないの?"



ぎゅっと!



"ウワッ!"



?トランクスの向こうにグロ?ブをはめた手で自分のチンポコをにぎったdaisy.

その?態で胸を持ち上げて今回は私に魅惑的なキスをしてきた。



"うん。。。チュウ...チュル...."



お互いの舌が絡んで唾が入り組むイヤラシイ音がリング周?に?がった。 大きな競技場で二人だけではある見ると、音はさらに大きく聞こえるようでエロチックた。



"プハア.....どう?お姉ちゃんのキス。?持ち良かったの?"

"あ....あ...."



私は返事を?ぐことなかった。 事?キスの途中に何度も行ってしまったから。



(daisy)"あら、あら。キスだけでこんなに精子を出すの? フフ。こんな早漏であるちんぽは罰を?えなければならないの?"



"アァッ!お姉さん、いやdaisyさん、そんなにこすりますと……"



(daisy)"姉さんと呼んでもなって♡そのほうがずっと?持ちがいいから"





しこしこしこしこ



この前まで私を?った赤いグロ?ブが今はいっぱい勃起した私のチンポコを上、下で擦っている。



ビュルル!ビュルルル!ジュルッ!ビュジュジュッ!



"ううっ!イクウウ!!



ひとしきり精子を吐き出してしまった。



(daisy)"う?ん、膨大な量だ"



グロ?ブに染まった私の精子を舌でなめながら舌なめずりをしはdaisy.





(daisy)"もしこれ知ってる?射精した直後のちんぽは敏感でね。"





射精の余韻が冷めたり前に彼女は私の?頭を集中的に刺激し始めた。



"あっ!ウウウク!そこは危ないです!"



(daisy)"まさにこう男も噴水を噴出ができるよ。"



プシャアアて!チュワプ!チュワプ!



"はっ!ホウク!"





(daisy)"すごいね~~大?な潮吹き"



私は疲れきって、全身の?運が消?された感じだった。



そんな私を暖かく抱いてくれる彼女。再び?に口を合わせ、少し休んで行くように甘くキスした。



(daisy)"あそこ健人、もし???童貞?"



私はお返事する少し迷っていた。 童貞はじゃないけど…



二の足を踏んでいる私に彼女はスム?ズに笑みを浮かべながら言った。



(daisy)"いい決定した。今日のデビュ??だったから童貞のことにしよう"



言葉を終えた後、着ていたピンク?トランクスを外し始めたdaisy.



私は心の準備をした。





(daisy)"それでは、ケントの童貞、ありがたく受けて行くよ"



騎?位の姿勢で開始した韓?最初のセックス。



思ったより優しく彼女の中に押し寄せて行った唐辛子にケントは驚いた。



"ンンッ!はぁっ!"



今まで??したことのない快感が押し寄せ、瞬く間に精子が尿道を?って高騰するのを感じた。



ビュルルク!ビュルク!ビュルッ!



(daisy)"あら、これ少しひどいぞ。 入れるや否や精子をサボあるから、深刻に早老だね?"



わき腹にグロ?ブを付けた姿勢に失望したような?で話すdaisy.



(daisy)"でも、君が?に入ったから....."



"?!"



理解できない話をし、そのまま唇を重複するdaisy.

私たちはしばらくキスをし、彼女のリ?ドに?ってセックスを持?した。

daisyは騎?位の姿勢を終えて位の姿勢に?えたまま、私にとってリ?ドするよう指示した。

そんなに少しずつ??な?位を?えて、今後は地下ボクシングの試合後にあるさまざまな?況について?えてくれる彼女。



もちろん、この?況を?客席で見守るママ。



(ママ)"......なかなかだねdaisyと言ったのか。 少し悔しいが、この程度なら、ケントのパ?トナ?として合格点をやる。しかし、必ず返?してあげるから"



長いセックスが最後、同日頃



"行きますお姉さん! イクウウ!"



ビュルルル!



最後の一?まで、睾丸ががらんと空いてしまうほどに?らず精子を出す私は疲?感に疲れて倒れた。

daisyもそんな私に腕枕をしてくれながらその?に?になった。



(daisy)"どう?これが地下ボクシングのセックスだ"



"おびただしいですね... 正直こんな言うこと恥ずかしいけど... ?持ち良いです"



(daisy)"ハハ、そう言ってくれてありがとうね。 事?、一方的に犯すもので、恐れると思ったから。 ありがとう。私も?持ちよかった"



チュウウ



今度は私の方で彼女の口元にキスした。



このように美しい年上の姉とのデビュ?前、そして敗北したが、むしろ?分が良いそんな感じ。



そんなにしばらくセックスの余韻を?しんだ出てdaisyは身?を動かすことになると、シャワ?室に向かった。





ああ.....地下ボクシング最高!!
スポンサーサイト
[PR]

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

ああ、こんなに字が少し壊れたり、'?'が混ざって出るようになりますね;;読むのに少し不便さがありそうなので、心配されます。
でもこんなに私の書き込みを掲載していただいてとてもとても感謝します。笑

Re: No title

> ああ、こんなに字が少し壊れたり、'?'が混ざって出るようになりますね;;読むのに少し不便さがありそうなので、心配されます。
> でもこんなに私の書き込みを掲載していただいてとてもとても感謝します。笑
雰囲気が伝わるだけでいいんです。下手に僕が直すより、作者様の原文をそのまま載せるほうが良いのです!。
最近のコメント
最近の記事
プロフィール
ボクシングエロフェチ小説 mail:qxnkg126@ybb.ne.jp

ですいちみ

Author:ですいちみ
元「MP党」
女子ボクから始まる変態フェチ。小説等は左下にカテゴリーに分けてあります。見てね。
ここにある画像は全て転載禁止なのでお願いします

Twitter...A

DeathichimiDeat < > Reload

月別アーカイブ
カテゴリー
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。